節約筋トレ愛好家日記

現在、職場でモラハラ受けて休職中です。別居中一児の母。早期リタイア目指して節約節約。にゃーん。

今更ながら三菱レイヨン・クリンスイ 浄水シャワー SK106W-GR で助かったと思った日

こんばんは。

やっと荷物からPCを取り出し、ログインできたkintore40です。

この一か月、引っ越し、卒業、入学、決算とあっててんやわんやだったせいか

 

 

体重増えました

 

 

あれ?

 

 

さて、今回、大根の産地である田舎の某区からサブカルの聖地の某区に引っ越して一番困ったことがありました。

それは、なぜか洗濯物が、柔軟剤を使用しているにも関わらず、パリパリして、ごわごわな状態に仕上がるのです。

それに、柔軟剤の香りがいまいちおかしい。

いつも、トップナノックス(もちろん、日本管財の株主優待でゲット)とランドリン(柔軟剤)もしくは、アクロン単体なので、これまでの田舎の某区では、香りもよく、普通に柔らかく仕上がっていたのですが・・・。

 

最初、引っ越しを機会に、老朽化した日立の洗濯機から、東芝の洗濯機に変えたので、そのせいかと思っていました。

上記機種は、音がうるさくないですと店員からおすすめされて変えたのですが、洗濯中の音は確かに今までの日立よりもうるさくないですが、ふろ水を給水するときの音は、日立とどっこいどっこいでうるさいです。

しかも、今、見たら私が購入した時よりも安くなってる・・・子供部屋の近くに洗濯機を置く配置だったので変えたのに・・・。待てばよかった・・・。

 

さて、話がそれました。

あと、お風呂に入ると、少し身体がちくちくして、髪の毛がばさばさになるのです。

最初は、疲れているのかと思っていましたが、どうも私だけではない感想を受け、ひょっとして、これはまさかの

 

塩素

 

 

そう、今まで田舎にいたので感じなかった水道水の中の塩素を、都会?に出てしまったら感じるようになったのです。

あと、建物の築年数も、ここは約20年以上なので、それも影響しているのかもしれません。

 

なので、久々に、浄水シャワーを新たに購入することとしました。

浄水シャワーですが、以前購入したことがあるのは、こちら、フリオンの大昔のバージョンでした。

確か、その当時、半永久的に使える!という話でしたが、もちろんそんな恒久的なものではなく、やはり数年使うと劣化しましたよ~。

 

私は以前マクロビ信者だったので、「波動が高まる浄水器」を26万円で購入したり、マイナスイオンにもはまり、この手のマイナスイオングッズは多々購入し、試したのですが、まぁ、感想をまとめるなら

 

・波動なんか二度と信じるもんか

・アフターケアを考えると、大手メーカーが一番

・顧客対応も大手メーカーが一番

 

そう、波動があがる浄水器は、某マクロビの業界では有名な人が作っていたものでした。

玄米を炊くのには水が大事、ミネラルウォーターではだめ、ちゃんと「動く水」を浄水して使わないと!という理論があり、当時、独身で馬鹿だった私は、ついつい購入してしまったのです。まぁ、あの当時、お金もあった訳ですが。

もちろん零細企業だったため、アフターケアがなされず、今や廃盤となり、カートリッジも変えることができず、粗大ごみとなりました。

なお、波動があがったのかどうか微妙で、産後鬱にもなりましたし、全身に蕁麻疹もできるはめになりました。波動ってすごいですねー(棒)

ただ、水は美味しかったです。

 

またまた話がそれました。

そういう訳で、今回購入したのが、「三菱レイヨン・クリンスイ 浄水シャワー SK106W-GR 」。

 

最初、楽天で買おうかと思ったのですが、Amazonで、今Amazon様と一般業者が値引き合戦という熱い戦いを繰り広げているのでそっちにしました。

 

 

三菱レイヨン・クリンスイ 浄水シャワー SK106W-GR

三菱レイヨン・クリンスイ 浄水シャワー SK106W-GR

 

 

今回、三菱レイヨン・クリンスイ 浄水シャワー SK106W-GR を選んだ理由は、4点。

 

1 大手メーカーで信頼性があった

2 変な波動とかマイナスイオンといううたい文句がなかった

3 浄水と普通の水、2種類の切り替えがあった

4 価格が手ごろだった。

 

カートリッジは2コついています。

なお、1個につき、1日8分間の使用で2か月もつそうです。

 

カートリッジの交換問題はありますが、お風呂のお湯も浄水シャワーで溜めるような方法をとって、さっそくお風呂に入ってみました。

 

ぜんぜん違う・・・!!

 

なにこれ、今までちくちくとしていたのって塩素だったのね?

マイナスイオンが発生しなくても、塩素を除去するだけで、ここまでお湯が柔らかくなるとは。

大手メーカーの開発力ってすごい!やっぱり大手財閥系って違う!

 

塩素が除去されたせいか、湯冷めしにくく、微妙にお肌がしっとりとして痒くもなく、変な乾燥もなく・・・。

更に、髪を洗ったところ、ごわごわすることもなく・・・。

 

更に感動をしたのが、残り湯を使った洗濯で、今までごわごわした仕上がりだったのが、普通に柔らかく仕上がりました(笑)

これも、塩素のせいだったとは(笑)

 

という感じで、塩素の恐ろしさと、大手メーカーの開発力のすばらしさを思い知った次第です。

別に、波動があがらなくても、マイナスイオンが発生しなくても、塩素が除去されるだけで、ここまで違うとは。

 

ただ、難点は、若干水圧が弱くなることでしょうか。

でも、肌が荒れているときは、この位の水圧の方が肌に優しくてよいかもしれません。

 浄水の時のシャワー

f:id:kintore40:20170416213821j:plain

 

水道水の時のシャワー。

真ん中からストレートに出るので、若干、水圧が高めです。

f:id:kintore40:20170416214009j:plain

 

なお、三菱レイヨン・クリンスイ 浄水シャワー SK106W-GRですが、日本アトピー協会の推奨品だそうです。

それを全面に出してこないのも、流石大手財閥系メーカーの余裕なのでしょうね。

 

浄水シャワークリンスイシリーズ、浄水と普通の水の切り替え機能がありませんが、3,000円くらいで購入できるSY102もあります。

当初、失敗したら・・・と考えてこっちにしようかと考えていたときもありました。

 

でも、やはり浄水と普通の水の切り替えがあった方が、掃除の時にカートリッジの残りを気にせず使えるので、節約家にはおすすめです。

 

Amazonや価格コムで評判よかったこの商品、私も推奨します。

人体だけではなく、洗濯物にも効果がありました。

是非、ご購入される際にはご参考ください。

 

なお、Amazonのほか、りぺ屋さんのブログもとても参考となりました。

リンクを貼っておきます。

motosyuuriyadesu.blog.fc2.com

 

さて、そろそろぼちぼちと加圧も復活していくこととします。