節約筋トレ愛好家日記

現在、職場でモラハラ受けて休職中です。別居中一児の母。早期リタイア目指して節約節約。にゃーん。

私をおいつめたトンデモ心理学・ア〇ラー心理学

こんばんは。

休職申請予定のkintore40です。

まぁ、まだ楽しい旅行ブログも書いていないんですけどね。

 

今回、休職の原因となったのは、モラハラパワハラにあります。

余り詳しくは書けないのですが、

私、昨年、業務終了後、2回、男性社員に追いかけられて、

暴言を吐かれたりしたんですよね。

 

まぁ、その問題が、最近話し合いで解決してね。

その社員「一般的な注意を与えるが、懲戒などのおとがめなし」になったんです。

他の社員でも、その社員の被害にあってる人間が複数いたのですが・・・。

 

そんなときに、決断した上層部の一人が私に示してきたのが

アドラー心理学」的なアプローチでした。

これを読んでよかったとかどうとかで。

 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

 

 

NLPだなんだとポップ心理学の数々に大金を払った身としては

 

「またこれか」

 

と正直、うんざりしました。

 

まぁ、それで、今回、診断書を発行した精神科医

アドラーかぶれている上層部の人がいて」

とかくかくしかじか説明したところ、

アドラーは、強烈な自我を持つ人には向いているが、

日本人の大半には向いておらず、

また、日本でアドラーを本当に解釈している人は余りおらず、

巷の書籍の大半が、エセなんだそうで、

その先生は、世間で言われるアドラー心理学なるものが

流行することが信じられないそうです。

ただ、上記の書籍がエセなのかどうかは、聞いておりません。

 

私は、産後、夫の不倫相手からの慰謝料請求で、

全身に24時間蕁麻疹が出来続け、うつと診断されて

半年間、投薬ばんばんされて、子と離れ、安静にしていたことがあります。

その他にも、ここに書けないことで、色々とありました。

とあるお医者様からは「気が狂ってもおかしくない」と言われたこともあります。

 

その一つ一つは、お医者様やカウンセラーさんや時薬のおかげでかさぶたとなって、

ようやくかさぶたも綺麗になりつつあるかという状態なのですが、

でも、昨年その社員からかさぶたを剥がして傷をさらけ出す行為・言葉を吐かれてしまって・・・。

 

更に、今回、それに塩を塗り込むような行為をされてしまったんですよ。

アドラー心理学のおかげでね。

 

私は、今の職場に、そんな過去があったことなぞ言っていません。

普段は元気にしているようにみえ、悩みもないように見えるそうなので、

だから言ってしまったんでしょう。

アドラー的な考えは、それでいいのでしょうが、

あれは、本当に、心に深い深い傷を持つ人間にやってはいけないですね。

 

最近、国家資格として、臨床心理士のほかに、

「公認心理師」ができるそうですが、本当、そういう国家資格を持つ人以外に

トンデモ心理学を開講するセミナーとか、その教えを実践するとか

やめてほしいですよね。

特に、私みたいな経験をした人間には。

 

公認心理師 - Wikipedia

 

という訳で、週明け、休職の申請ですが、

まぁ、休職して、戻った時に席がなかったら嫌だなと思って、

なんて戦々恐々とはしています。

診断書名は「反応性のうつ」で可及的速やかに休息が必要とのことです。

医者からは、何時から何時まで日付を書くと言われましたが、

だって、私、10月末まで予定があるんだもん・・・可及的速やかっていつになるんでしょう・・・。

 

まぁ、睡眠もよく取れず、食べ盛りなのに胃がきりきり痛み食欲もなかったので、

睡眠導入剤もがっつりと処方されました。

三峯神社のおかげか、やたら金運はいいんですけどねー。

あの時、「金運向上」でご祈祷したのが間違ったんですかね。

「金運」だけですものね。

 

まぁ、本来、こう書いてしまうと、なんだか炎上しそうですが、私なぞ弱小ブロガーですし、炎上もしないでしょうから、あえて弱者の声として書きました。

  

世間では流行していて、一部の人には効果があっても、

こういう例もあるということで、ご参考いただけるとありがたいです。